専門家コラム

こんなところに落とし穴!-外壁塗装の色選びに後悔しないための注意点-2017/12/20

外壁塗装をお考えの皆さま!
外壁塗装をする際に一番困るのが”色”ではないでしょうか。
その色に関する注意点を挙げてみましたので、ここで疑問を解決していってください!
 

■よくある色の選択ミス

最も多いのは「汚れが目立つ色にしてしまった」、「家が安っぽく見えてしまう」といったミスです。
他にも色の組み合わせや、他の家に比べて自分の家だけ浮いてしまったなど、外壁塗装の色だけでたくさんのお悩みがあります。
これらの悩みは”色”について知ることで解決できます!
 

■色に関する注意点

色に関するトラブルが多い、白・黒・原色系を例として下に挙げています。
どんな色でも、定期的なメンテナンスをすればきれいな色のまま保たれますが、定期的にメンテナンスをしない場合は色の選択に後悔することがあるので注意が必要です。
 
〇白、黒
白や黒に関しては、最初はきれいに見えるものの、汚れが付いたときに目立ちやすいのです。
特に家の外壁であれば、雨や風などですぐに汚れがついてしまうので要注意です。
どうしても白や黒を使いたい場合は、汚れが目立たないように白や黒の面積を減らし、アクセントカラーを用いることをお勧めします。
 
〇原色系(赤、青など)
ある程度年数が経過していくと、色が薄くなってしまいます。
特に原色の場合はそれが目立つので注意しましょう。
ただ色が薄くなるだけでなく、雨風があたりやすいところは色が薄くなるスピードが速く、雨風があたりにくいところは遅いため、不自然な色合いになります。
 

■外壁塗装に関する注意点

〇家の色が周囲の景観に合っているか
周囲の家がどのような色なのか、周囲に山などの緑があるかどうかで、色の選択は変わってきます。
ご存じの通り家は大きい建物なので、個性を主張しすぎず景観を損ねないように周囲の色に合わせる必要があります。
個性を出したい場合は、家全体ではなく一部分の色を変えることで表現するといいでしょう。
 
〇色を変更できない部分がある
外壁塗装をする際に、窓のサッシ枠や玄関のドアは塗装できません。
窓のサッシ枠や玄関ドアが白色や黒色の場合は比較的どんな色でも合いますが、そうではない場合は注意する必要があります。
 

■おわりに

外壁塗装はお金もそれなりにかかり、一度やってしまったらしばらくは修正できません。
後悔しないような色選びを心がけると満足のいく塗装ができます。
それでは、新しい色の家を楽しんでくださいね!

まずはお電話にて、ご相談からどうぞ!ひとりでただ、じっとしていても、一歩も前に進みませんから・・・

営業時間:午前7時から午後7時
Fax:0237-55-2874
〒995-0024 山形県村山市楯岡笛田4丁目6-22

ページトップへ

Copyright(c) イトウ装建 All Rights Reserved