専門家コラム

外壁の色選び!失敗例から学ぶ改善策とは?2018/03/10

外壁塗装を検討している方の中には、外壁の色選びで悩んでいるという方がいらっしゃると思います。
外壁の色は、家のイメージだけでなく、家に住んでいる人のイメージすらも決まることがあるので、非常に重要なポイントとなるでしょう。

 

そして、外壁の色選びで失敗する方は、意外に多いのです。
そこでこの記事では、実際に合ったミスとその改善策をご紹介していきます。

 

◆派手な色を選んでしまった

皆さんの中にも、派手な色が好きだという方がいらっしゃると思います。
もちろん、派手な色にも良さはありますが、外壁の色選びで失敗しないためには、避けたほうが良いでしょう。

 

おすすめの色としては、グレーやクリーム、ベージュといった色が挙げられます。
これらの色は非常に落ち着いた色ですので、周り家との調和を保てることでしょう。

 

◆汚れが目立つ

どのような方でも、汚れが目立つ外壁と汚れが目立ちにくい外壁だったら、汚れが目立ちにくいほうが良いですよね。
そこで注意したほしい色が白色と黒色です。

 

これらの色は非常に汚れが目立ちやすいからです。
反対に、先ほどお伝えした、グレーやクリーム、ベージュといった色を使うと汚れが目立ちにくくなります。

 

◆色の見え方が違う

サンプルで見せてもらった色と、実際に塗られた色では、色の種類が異なって見えることがあります。
これは、太陽に当たることによって、サンプルと違ったように見えるといった現象が起こっている可能性があります。

 

そのため、できれば実際に希望する色と同じ色の外壁を外で見ることをおすすめします。

それが難しい場合には、部屋の中でも色のあて具合を変えて実験してみると良いでしょう。

 

◆色の使い過ぎ

先ほどお伝えした、派手な色を選んでしまったということと似ているのですが、色の使い過ぎも良くある失敗例の一つです。
やはり、自分の好きな色が複数あった場合や、家の外観を自分たちだけの独特な色にしたい場合などに色を使いすぎてしまうという事態が起きます。

 

皆さんは、色を使いすぎた家は、どのような印象になると思いますか?
多くの場合、複数の色を使っていることによって、ごちゃごちゃした印象になり、統一感もなくなってしまいます。
そのため、できるだけ色は単色にすることをおすすめします。
もし複数色使う場合には、同系色でまとめると良いでしょう。

 

◆まとめ

この記事では、実際にあった色選びのミスと改善策をご紹介しました。
外壁の色選びで失敗しないためには、自分が好きな色よりも外壁の色として適切な色を選んだ方が良いでしょう。

まずはお電話にて、ご相談からどうぞ!ひとりでただ、じっとしていても、一歩も前に進みませんから・・・

営業時間:午前7時から午後7時
Fax:0237-55-2874
〒995-0024 山形県村山市楯岡笛田4丁目6-22

ページトップへ

Copyright(c) イトウ装建 All Rights Reserved