専門家コラム

外壁塗装が劣化する原因は?2019/04/03

「外壁が劣化してしまう要因はなんだろう?」   このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?外壁塗装が劣化してしまう原因が分かれば大切なお住まいを長持ちさせることができますよね。       そこで今回は「外壁塗装が劣化する要因」についてご紹介します。                         外壁塗装劣化の要因     *経年劣化 外壁も消耗品です。年月が経つとどうしても劣化してしまいます。ヒビ割れなどから劣化する恐れがあります。    *自然災害 大雨・暴風・地震などの自然災害によっても外壁は劣化します。外壁は自然災害の影響を大きく受けるので被害にあった後は損傷していないかしっかり確認するようにしましょう。   *紫外線 紫外線は外壁にも影響を与えます。太陽光がよく当たる南側の壁と、当たりにくい北側に壁を見比べてみてください。南側の壁の方が劣化が進んでいるかと思います。意外と知られていないことなのですが、紫外線は大きな影響を与えます。                     劣化した時の特徴       *ヒビ割れ ヒビ割れは比較的わかりやすい特徴です。すぐご相談を。     *ガビやコケ カビや苔を長期間放置すると塗装の効果が薄くなっていきます。                  *チョーキング現象 壁を触った時に白い粉がつくことを指します。これは汚れではなく外壁劣化のサインです。                                                                 最後に   以上、「外壁塗装の劣化の要因」についてご紹介しました。 外壁塗装の劣化の要因や特徴についてご理解いただけましたか?お住まいの健康診断も私たちの仕事です。いつでもお気軽にご相談ください。

まずはお電話にて、ご相談からどうぞ!ひとりでただ、じっとしていても、一歩も前に進みませんから・・・

営業時間:午前7時から午後7時
Fax:0237-55-2874
〒995-0024 山形県村山市楯岡笛田4丁目6-22

ページトップへ

Copyright(c) イトウ装建 All Rights Reserved