専門家コラム

外壁塗装の塗り替え!適切なタイミングを表すサイン4選!2018/03/26

皆さんは、外壁塗装の塗り替えをどのようなタイミングで行おうと考えていますか?
外壁塗装には、かなり費用もかかりますし、家を守るためにとても重要な作業でもあります。

そのため、いい加減なタイミングで塗装するのではなく、しっかりと適切なタイミングを知って塗装をするべきです。

 

そしてこの記事では、外壁塗装を適切なタイミングでするために知っておくべき、塗り替えのサインを4つご紹介していきます。

 

◆塗り替えのタイミングのサイン4選!

皆さんは、外壁塗装の塗り替えのタイミングにサインがあることをご存知ですか?
そのようなサインを知っておけば、すぐに外壁塗装をするべきタイミングかどうかを知れますよね。

 

1.外壁の汚れ
外壁塗装に使われている塗料には、外壁を汚れから守るという機能があります。
そのため、もしも外壁に汚れがついている場合には、その機能が落ちている証拠です。
もしも、明らかに汚れが付着している場合には、塗り替えのサインの可能性があります。

 

2.塗膜の剥がれ
外壁の塗膜が剥がれている状態を見かけたことはありませんか?
実は、その状態も塗装の塗り替えのサインです。
この状態は、外からの悪影響を受けて外壁が痛んでしまっていることを表しています。

 

このまま放置すると、塗膜が剥がれている部分を中心にさらなる悪影響を及ぼす可能性が高いです。
そのため、塗膜の剥がれが確認できた場合には、できるだけ早めに塗装の塗り替えをしましょう

 

3.ひび割れ

ひび割れも塗装の塗り替えをするべきタイミングを表すサインの一つです。
ひび割れしている状態を放置すると、ひび割れしている部分から雨水など侵入してしまい、外壁だけでなく、家の機能を低下させてしまうことに繋がります。
そのため、ひび割れを見つけた場合には、外壁塗装をしましょう。

 

4.チョーキング現象
皆さんは、チョーキング現象をご存知ですか?
チョーキング現象とは、外壁を触るとチョークのような白い粉がついてしまうことです。
その白い粉は、塗料の一部です。

 

そのため、既に塗料が正常な働きを失っている状態であり、このまま放置すると家にも非常に大きな損害をもたらす可能性があります。
実際にチョーイング現象を発見した場合は、早急に対応しましょう。

 

◆まとめ

この記事では、塗装の塗り替えのタイミングを教えてくれるサインをご紹介しました。
ご紹介したサインは、すべてすぐに確認できるものです。
是非、家の外に出て、外壁にそのサインが出ていないか確かめてください。

まずはお電話にて、ご相談からどうぞ!ひとりでただ、じっとしていても、一歩も前に進みませんから・・・

営業時間:午前7時から午後7時
Fax:0237-55-2874
〒995-0024 山形県村山市楯岡笛田4丁目6-22

ページトップへ

Copyright(c) イトウ装建 All Rights Reserved