専門家コラム

山形の方必見!屋根塗装で長持ちする豪雪地帯におすすめの塗料とは?2018/08/13

「豪雪地帯では屋根塗装の寿命が短いの?」
「豪雪地帯でも長持ちする塗料が知りたい!」
そんな思いをお持ちではないでしょうか?

 

実際に豪雪地帯では、屋根塗装の寿命が短くなりやすいので、長持ちする塗料が必要になります。
しかし、塗料についての知識がないという方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、豪雪地帯でも長持ちする豆知識とおすすめの塗料をご紹介します。

 

◇豪雪地帯では、塗装の寿命は短くなる?
気候によって屋根塗装の寿命は変わるのかと疑問に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
実は、豪雪地帯では他の地域に比べて寿命は短くなるのです。

なぜ、豪雪地帯では屋根塗装の寿命が短くなるのでしょうか?

 

その原因としては大きくわけて「塗料が雪に弱いこと」と「気温が他の地域と比べて低いので乾燥しにくいこと」の2つがあります。
また、屋根塗装の施行時も、気温が低いことでなかなか乾燥しないことが多いです。
そこで、豪雪地帯の屋根塗装で長持ちする塗料をご紹介します。

 

◇豪雪地帯におすすめの屋根塗装の塗料とは
屋根塗装の種類は、「油性」と「水性」の大きく2つに分けられます。
豪雪地帯におすすめの塗料としては、油性の塗料があります。

 

水性塗料は、主に水からできており、臭いも少ないという特徴があります。
これは、使いやすいのですが、油性塗料に比べると耐久性が少し劣ってしまいます。
さらに、気温が低いと塗料が乾きにくいので豪雪地帯には向いているとは言えないでしょう。
しかし、最近では高性能の水性塗料が開発されており、油性塗料に劣らないほどの耐久性を持つものもあります。

 

それでは次に、油性の塗料メリットについてご紹介します。

 

・他の塗料の中でも耐久性に優れている

・雨や水に強いものが多い

・塗料の密着性が他の塗料と比べて高い

・乾燥時間が比較的短く、気温に影響されにくく一定

 

これらのことが挙げられます。
しかし、臭いが他の塗料と比べ強いため周囲への配慮が必要となります。
また、豪雪地帯では、耐久性の高さだけに注目するだけでなく、撥水性の高い塗料や耐水性の高い塗料といった高性能塗料を使用することも検討すると良いでしょう。

 

◇最後に
今回は豪雪地帯でも長持ちするおすすめの塗料をがご紹介しました。
豪雪地帯では、水性の塗料よりも油性の塗料の方が優れている場合が多いです。
もし、屋根塗装について計画しているという方がいらっしゃいましたら、イトウ装建までお気軽にご相談ください。

まずはお電話にて、ご相談からどうぞ!ひとりでただ、じっとしていても、一歩も前に進みませんから・・・

営業時間:午前7時から午後7時
Fax:0237-55-2874
〒995-0024 山形県村山市楯岡笛田4丁目6-22

ページトップへ

Copyright(c) イトウ装建 All Rights Reserved