専門家コラム

秋の長雨シーズン前にお住まい診断を!2020/10/06

10月に入りめっきり過ごしやすくなりました。一年を通して一番過ごしやすい季節となりますが、昔から「秋の長雨」と言われるように全国的に一年を通して最も降水量が多いとされるのが9月から10月。冷え込んでくるこの時季こそ大切なお住まいのチェックをしてみましょう。
■外壁編  外壁はまずひび割れや浮き、金属部が錆びたり、木部のガタツキ、外壁部の目地に使われているコーキング材の剥がれや浮きも見ましょう。梅雨のジメジメから発生するコケや藻の発生も内部から発生していることもあるのであながち「汚れているくらいなら大丈夫」と安心してはいけません。
■内壁編  雨が続いた日、天井や内側の壁にシミができていませんか?天井であれは屋根から。内側の壁であれば外壁から雨水が染み込んできています。 このような症状が出てきたら早めの処置をおすすめします。外壁と内壁の間にある断熱材などが入っている構造体まで痛んでしまうおそれがあります。
■屋根編  強い風が吹いていたときに屋根から「カラカラ」「パタパタ」と音がしたり、瓦など屋根材のかけらが落ちてきたりしていませんか? そのような時に屋根に登るのは大変危険が伴います。ぜひ私たちプロの職人にご相談ください。

まずはお電話にて、ご相談からどうぞ!ひとりでただ、じっとしていても、一歩も前に進みませんから・・・

営業時間:午前7時から午後7時
Fax:0237-55-2874
〒995-0024 山形県村山市楯岡笛田4丁目6-22

ページトップへ

Copyright(c) イトウ装建 All Rights Reserved