専門家コラム

雨や雪の日に外壁の塗り替えはできるの?その疑問を徹底解明します!2017/12/08

外壁塗装したいけれど雨が心配でお悩みの方はいませんか?
仕事で忙しく、あまり時間も取れない方は早く外壁の塗り替えを終わらせたいですよね。
そこで今回は、塗装中と塗装後の雨についてお話したいと思います。
 

■雨が降りそうな日に外壁塗装できるの?

塗装業者はその日の天気予報や温度・湿度を確認しているため、塗装を予定した日が雨予報や雪予報になっていると、基本的には延期します。
雨の日に塗装をして後日塗りなおしになってしまったら、意味がないからです。
どうしてもその日にやってほしい場合は業者に相談してみてください。
 

■塗装する前に雨が降ったら

雨が降ったら塗装はできません。塗装しようとすると、塗料が雨で落ちてしまうからです。
しかし、足場を組んだり、養生シートを張ったりなど雨でもできる作業はやってしまいます。
大雨でなかったとしても、湿度が高い場合は塗装を中止する可能性があるので、心配な方は塗装業者に確認してみましょう。
 

■塗装中に雨が降ったら

天気予報が雨の日は基本的に塗装を行いませんが、予報が雨でないのに雨が降ってしまう場合もあると思います。
その時は、作業を中断し、雨があがり塗料が乾燥するのを待ちます。完全に塗料が乾燥したら塗りなおしの作業に入ります。
 

■塗装した後に雨が降ったら

最近の塗装は1時間ほどで乾くと言われていますが、中には2~3時間ほどかかる塗料もあります。
したがって、塗装後3時間以上たってから雨が降った場合は大丈夫ですが、3時間以内の場合は業者に確認する必要があります。
 

■雨意外に注意すべき点はある?

雨で塗料が流れると塗装のやり直しになりますが、実は敵は雨だけではないのです。
例えば、風が強くて砂ぼこりが多い日は塗料に砂ぼこりが付くので気を付けましょう。
 
さらに冬場などで雪が降っていたり、霜が降りていたりする場合には、仕上がりにムラが出来てしまうので塗装はできません。
もし、雨や雪が降っているのに業者が無理やり塗装をしている場合は、悪徳な業者かもしれませんので、別の業者に再度お願いすることをお勧めします。
 

■おわりに

雨や雪が降っている時は塗装ができませんが、塗装以外の業務はできます。
さらに、塗装が延期になったり、塗装中に雨が降って塗りなおしになったりした場合でも追加料金はとられませんので安心してください。
せっかくの塗装が失敗しないように細かいところまで業者と相談するのが良いでしょう。

まずはお電話にて、ご相談からどうぞ!ひとりでただ、じっとしていても、一歩も前に進みませんから・・・

営業時間:午前7時から午後7時
Fax:0237-55-2874
〒995-0024 山形県村山市楯岡笛田4丁目6-22

ページトップへ

Copyright(c) イトウ装建 All Rights Reserved