専門家コラム

鳥を見かけるようになったら?2016/04/08

お家のまわりでよく鳥を見かけるようになった時には、鳥が巣を作っているかもしれません。  昔は「ツバメが巣をつくるようなお家には財産が貯まる」ツバメが子を産み、育てることから、「子宝に恵まれる」とも言いましたよね。  ヒナのエサに害虫を取ってくれるからですし、近くの田んぼなども害虫にやられないため、豊作になると言われていたからでもあります。   一方で、一般的に害鳥と呼ばれるのは、大群をつくって街路樹などでねぐらを作り、糞を落とす鳩(トバト)などを言います。 特にカラスなどは、人間のゴミを漁ったり、場合によっては人を攻撃したりするので、明らかな害鳥でしょう。  害鳥が家に寄ってくるというのはよほどありませんが、私たちの仕事柄、スズメやツバメなどの巣をよく見かける場所は?換気口、窓の敷居、雨戸の中、玄関先、破風、看板の裏、エアコンの室外機の上または下、防犯灯の上または下、など雨風をしのげる場所に巣を作っている事があり、巣によって雨樋が詰まったり、糞害によって外壁等が変色する事もあります。  小鳥が巣をつくると鳥たちの生活も始まるわけですから、多少、そのように汚れることもありますが、世知辛い世の中ですから、かわいい家族が増えたと思って掃除をしてあげてもいいのかなと思ったりいたします。  一般的にはスズメも人類にとっては益鳥の部類だそうです。使わなくなった巣を清掃する際には私たちを呼んでくださいね。

まずはお電話にて、ご相談からどうぞ!ひとりでただ、じっとしていても、一歩も前に進みませんから・・・

営業時間:午前7時から午後7時
Fax:0237-55-2874
〒995-0024 山形県村山市楯岡笛田4丁目6-22

ページトップへ

Copyright(c) イトウ装建 All Rights Reserved